NetColleperとは

NetColleper II 利用方法

利用方法1 : Webカタログ配信閲覧システム(一般ユーザ)

    【配信と閲覧】
  1. 印刷物配布前にWebカタログとして配信
  2. 印刷物配布後にWebカタログとして配信
  3. 印刷物改定時にWebカタログとして配信
  4. 印刷物のページ差し替えをWebカタログとして配信
  5. 新製品ニュースや取扱説明書をWebカタログとして配信
    【一覧性】
  1. カタログの一覧性に優れ、容易に必要なカタログの閲覧が可能
  2. カタログページの一覧性に優れ、容易に必要ページの閲覧が可能
    【検索】
  1. ページ単位の全文検索が可能なので、複数のカタログを横断的に検索
  2. 検索結果の一覧をサムネールプレビュウ表示を行うので、直感的に検索結果を確認

利用方法2 : 社内資料配信システム(特定ユーザ)

    【社内ユーザ対象】
  1. 社内資料の配信とアーカイブ機能により、最新の情報を管理
  2. 過去配信資料のアーカイブ機能により、ライブラリーとして活用
    【特定販社ユーザ対象】
  1. 販売店向け販促資料、製品情報、競合情報の配布
  2. キャンペーン、企画製品情報の配布

利用方法3 : 個別提案書、企画書の作成

    【個別資料の作成】
  1. 各営業がNetColleperからカタログページをダウンロード、表紙作成、差込ページ作成により個別資料の作成
  2. 個別提案書の作成として、表紙、フリーレイアウト、定型レイアウトページの作成が可能
  3. 作成した資料はPDFとして配布可能
    【作成した資料の二次利用】
  1. 作成した資料を再登録することにより、他の営業や販社での活用が可能
    【レイアウトテンプレートの配布】
  1. 表紙テンプレート、レイアウトテンプレート等を登録することにより、企業として統一された個別資料の作成が可能

利用方法4 : カタログ単位、ページ単位情報の付加

    【カタログやページに対する付属情報】
  1. カタログの利用方法を付加情報として配信
  2. カタログに関する追加情報を掲載
  3. カタログとそれらに関する追加情報をリンク掲載
    【ユーザの評価を追加】
  1. カタログやページやそれら製品に関する評価情報を追加掲載
  2. 製品に関する注意事項などをカタログ単位、ページ単位、製品単位で追加掲載

unable to conect DB